月間先着5名
このページを見た今だけ限定:
優先的に先行公開

なぜ、このスクリーニング法を使うと
5~6営業日
20%…30%…60%上昇する
”急騰”候補 銘柄
を探せるようになるのか?

今から、そのスクリーニング法を
実質”無料”で手に入れる方法を
お話ししますが…

このスクリーニング法を使った
代表的なトレード例
(期間:2022年4~6月)

[直近]2022年10月のトレード実績

6営業日で+12%上昇
2353 日本駐車場

仕掛けシグナル:216円(2022/10/7)
手仕舞いシグナル:242円(2022/10/18)
※上記は「”急騰”候補ストラテジー」を運用資金100万円を想定して運用したバックテスト結果です。
将来のパフォーマンスを保証するものではありません。

6営業日で+12%上昇
2353 日本駐車場

仕掛けシグナル:226円(2022/10/12)
手仕舞いシグナル:254円(2022/10/20)
※上記は「”急騰”候補ストラテジー」を運用資金100万円を想定して運用したバックテスト結果です。
将来のパフォーマンスを保証するものではありません。

[その他]勝ちトレード例

6営業日で+22%上昇
3825 リミックスポイント

仕掛けシグナル:498円(2022/5/10)
手仕舞いシグナル:609円(2022/5/18)
※上記は「”急騰”候補ストラテジー」を運用資金100万円を想定して運用したバックテスト結果です。
将来のパフォーマンスを保証するものではありません。

3営業日で+39%上昇
4777 ガーラ

仕掛けシグナル:570円(2022/6/7)
手仕舞いシグナル:795円(2022/6/10)
※上記は「”急騰”候補ストラテジー」を運用資金100万円を想定して運用したバックテスト結果です。
将来のパフォーマンスを保証するものではありません。

5営業日で+60%上昇
4777 ガーラ

仕掛けシグナル:357円(2022/5/31)
手仕舞いシグナル:570円(2022/6/7)
※上記は「”急騰”候補ストラテジー」を運用資金100万円を想定して運用したバックテスト結果です。
将来のパフォーマンスを保証するものではありません。

負けトレード例

6営業日で-10%下落
6740 ジャパンディスプレイ

仕掛けシグナル:79円(2022/4/5)
手仕舞いシグナル:71円(2022/4/13)
※上記は「”急騰”候補ストラテジー」を運用資金100万円を想定して運用したバックテスト結果です。
将来のパフォーマンスを保証するものではありません。
なぜ…長年、株式投資の勉強をしても、思うように利益を上げたり、自分が望むような生活を送ったりすることができないのか!?と、愕然とすることが多々あります。そして、、、

なぜ、岸田政権は
ここまで私たち個人投資家を苦しめるのか?

なぜ、岸田政権は、ここまで私たち個人投資家を苦しめるのか?と、愕然とすることが多々あります。岸田政権が誕生した2021年10月以降、日本株は気持ち良く上昇することなく、ほぼ横ばいか、日経平均株価を基準にすれば下落しています(※2022年7月26日時点)。

ズルズルと、方向感のない状態が続き、上昇したと思ったら、上昇した分だけ下落し…下落したと思ったら、下落した分だけ上昇する…典型的なボックス相場の動きをしています。

加えて、岸田政権の誕生以降、値動きが少ない異例とも言える動きをしているので、できるだけ短期で大きな利益を狙いたい、私たち個人投資家を苦しめています

特に、今年2022年は、突発的に”超”短期的に”小さな”トレンドが発生することが多いので、このトレンドに上手く対応しきれなかったと、多くの個人投資家が嘆いています。

しかも、2022年7月の参議院選挙の材料も相場には、ほとんど株価を動かす要因にならず、影響がありませんでした。

他にも、上昇しそうでも上昇しない…暴落も起きそうで起きない…中途半端な相場が続き、本当に私たち個人投資家を泣かせる相場が続いています。

思うように利益を上げられないのは
あなたのせいではありません…

でも、もちろん、思うように利益を上げらないのは、あなたのせいではありません。悪いのは、全て岸田政権とは言い切れませんが…このような値動きが少ない異例の相場になってしまっていることです。

しかし、いくら異例といっても、すでに約10ヶ月続いていますので「これが年末…来年も続いたら…」と、そのような思いは何となく忍び寄ってきます。

それに気がつくことは、実際ショックしかありません。

しかし、こんな結末は望まなかった…

だからなのか、リタイアか、セミリタイアするのを延長すると弱気になってしまっている個人投資家が増えてきています。

そうなると、仕事の収入を増やさなければならないので、リタイアの夢はあるものの、60代…70代…80代になっても、必死に働くしかないでしょう。

しかも、今は物価が急激に上昇し、日々の生活にも影響が出ていますので、目先の収入を増やすために、必死に働くしかない状況かもしれません。

だから、私が話を伺った個人投資家は、皆さん当初のリタイアの目標を、とうに過ぎているのに、働いているようです。

ご自身、配偶者、ご家族に果たせない約束をしてしまわれたのです。このような結末を望んでいなかったはずです


どうすれば、直近の相場でも
最新でタイムリーな
”急騰”候補銘柄を見つけられるのか?

私は、まだ40歳を過ぎたところですが、しようと思えば、明日にでも仕事から引退することができます。少し言い過ぎかもしれませんが、もう1日たりも働かず、私が望んでいる自由気ままな生活ができます。

仕事はしていますが、とても気楽に仕事をしています。だから、他の人からは、利益の状況や、その利益を上げるために1日10分程度しか動いていないと知ると、とても羨ましいと言われます。

もしくは、同じ個人投資家が、これを知ると「どうしたら、そうなれるのか?」と聞かれ、とても羨ましいと言われます。

あなたが、若いか、シニアか、個人投資家になって間もないか、年数が経っているかに関係なく、今あなたが陥っている状態から「変革を遂げた個人投資家」になるのに、早すぎるも、遅すぎるもありません。

最新でタイムリーな”急騰”候補銘柄の
スクリーニング法を欲しい人は他にいませんか?

私が、この方法を完成させるのに、これまで私が費やしてきた約10年間のノウハウを詰め込んだ、この方法は、今日、あなたが「欲しい!」と手を挙げるだけで、手に入れることができます。

意味ある、変化をもたらす進歩は、この方法を手に入れた日から始まるでしょう。

私は、この方法に詰め込んだノウハウを得るのに、パズルのピースを1枚…1枚…一度に1枚ずつはめていくしかありませんでした。

それには多くの…いや仕事の合間をぬって、膨大な時間がかかりました!

でも、あなたは、その必要がありません。膨大な時間を全く費やすことなく、今すぐ使えるように、全てここに整っています。

3STEP”急騰”候補銘柄 スクリーニング法

”急騰”候補銘柄スクリーニング法は、岸田政権が誕生した2021年10月から続く、軟調に推移する株式市場の中でも「5~6営業日で、20%…30%…60%上昇する急騰候補銘柄」を発見することができる、短期的に急騰する銘柄を狙いたい個人投資家のために、開発されたスクリーニング法です。

こちらが、岸田政権誕生以降の直近(2022年4月~6月)の株式市場で、実際にスクリーニング法で抽出された「急騰候補銘柄」のトレード例です。

トレード例
(期間:2022年4~6月)

4777 ガーラ
6営業日で+
60%上昇

仕掛けシグナル:357円(2022/5/31)
手仕舞いシグナル:570円(2022/6/7)

※上記は「”急騰”候補ストラテジー」を運用資金100万円を想定して運用したバックテスト結果です。将来のパフォーマンスを保証するものではありません。

4777 ガーラ
3営業日で+
39%上昇

仕掛けシグナル:570円(2022/6/7)
手仕舞いシグナル:795円(2022/6/10)

※上記は「”急騰”候補ストラテジー」を運用資金100万円を想定して運用したバックテスト結果です。将来のパフォーマンスを保証するものではありません。

小見出し

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

3825 リミックスポイント
7営業日で+
22%上昇

仕掛けシグナル:498円(2022/5/10)
手仕舞いシグナル:609円(2022/5/18)

※上記は「”急騰”候補ストラテジー」を運用資金100万円を想定して運用したバックテスト結果です。将来のパフォーマンスを保証するものではありません。

6740 ジャパンディスプレイ
7営業日で-
10%下落

仕掛けシグナル:79円(2022/4/5)
手仕舞いシグナル:71円(2022/4/13)

※上記は「”急騰”候補ストラテジー」を運用資金100万円を想定して運用したバックテスト結果です。将来のパフォーマンスを保証するものではありません。

小見出し

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

”急騰”候補銘柄 スクリーニング法
トレード一覧(2008年4月~2022年6月)

このスクリーニング法を使うと、岸田政権の軟調に推移する株式市場でも、的確に急騰を期待できる銘柄を発見し、売買していくことができます。

1ヶ月平均「3銘柄」の売買を見込む


[ご参考]バックテスト結果

バックテスト期間:2008/1/15~2022/6/21
運用資金額 100万円
勝率 46.41%
累積ネット損益率 +253.38%
総取引回数 675回
平均損益率 +2.80%
最大ドローダウン 36.09%
平均保持日数 5.53日
見出し ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
このスクリーニング法は、順張り戦略をベースにいるので、勝率は順張り戦略の平均的な40%の水準です。ただし、46.7%と、比較的高いものになっています。順張り戦略は、勝ちトレードのときに大きく勝つのが特長です。よって、勝率から見ると、負ける回数が多いですが、合計の利益はプラスを狙えるように設計されています。

運営会社実績

シナジスタ・高橋 佑輔(たかはし ゆうすけ)

トレード歴12年以上の現役ベテラントレーダー。2008年より開始し、過去12年間で11年利益を上げる。相場の値動きの「法則」を発見し、その法則を戦略化したシステムトレードで自己資金を運用中。12年間でたった一度負けがあっただけで、11年間安定的な成績を上げ、堅実に利益を積み上げる。

auカブコム証券・プレスリリース

https://kabu.com/company/pressrelease/20210113_1.html

ロボットアドバイザーのプラットフォーム化について

「信用ロボアド」は自動売買ツール「iTRADE」を開発する、株式会社マルチウェーブ(本社:東京都港区 代表取締役社長:近藤 浩太郎)と、投資助言を提供する株式会社シナジスタ(近畿財務局長(金商)第403号 投資助言・代理業)(本社:大阪府大阪市 代表取締役社長:本郷 卓也)のコラボレーションで誕生しました。プラットフォームには株式会社マルチウェーブ「ATRAS」を基盤として採用しております。今後、当社の合言葉である「すべての人に資産形成を。」をスローガンとし、当社が提供する「kabu.comAPI」と「ATRAS」を組み合わせたロボットアドバイザーのプラットフォーム化を行っていく予定です。

今後も当社は、「個人投資家にデジタルの武器を」のスローガンのもと、すべてのお客さまの投資成績向上のため、新しいサービスの拡充に努めてまいります。

(『主要ネット証券※1初※2!信用取引のロボアドを提供開始。|プレスリリース|企業・開示情報|株のことならネット証券会社【auカブコム】』より引用)

3STEP”急騰”候補銘柄 スクリーニング法の使い方

”急騰”候補銘柄ストラテジーで、最新のタイムリーな”急騰”候補銘柄を発見する方法は、とてもカンタンです。

以下の3つの手順で、最新の該当銘柄を発見することができます。また、該当銘柄の具体的な売買タイミングも分かりますので、売買タイミングに悩むことからおさらばできます。

Step
1
スクリーニング法を設定する
  • 私たちが開発した、最新の急騰候補銘柄を探すことのできる「スクリーニング条件(ストラテジー)」を、専用ソフト「iTRADE(アイトレード)」に取り込めば、スクリーニング法は設定完了です。たったこれだけで、カンタンかつスピーディに、最新でタイムリーな急騰候補銘柄を発見することができます。

※専用ソフト「iTRADE(アイトレード)」も、本ストラテジーのセット内容に含まれます。別途、ご購入の必要はありませんので、ご安心くださいませ。

Step
2
最新でタイムリーな”急騰”候補銘柄を確認する
  • 「スクリーニング条件(ストラテジー)」を専用ソフト「iTRADE(アイトレード)」に取り込んだら、日々、最新でタイムリーな急騰候補銘柄に該当する銘柄が抽出されないか、「候補銘柄一覧(シグナル)」を確認します。
  • 候補銘柄一覧(シグナル)は、仕掛けの候補銘柄や、手仕舞いの候補銘柄に該当するものがあった場合、出てきます。(※該当銘柄がない場合は、抽出されないときもありますので、予めご了承ください)
Step
3
”急騰”候補銘柄を売買する
  • 「候補銘柄一覧(シグナル)」の候補銘柄を、実際に証券会社に発注し、売買します。
  • シグナルには、運用資金100万円を想定して、売買すると良いと考えられる「株数」など、具体的な内容が書かれています。(※想定資金量は、あなたの資金量に合わせて調整することもできます)

【アレンジ法】ストラテジーを「急騰候補銘柄のスクリーニング」として活用する場合は、ここで抽出された銘柄に、裁量やファンダメンタルズ分析、チャート分析などを加えて、独自の方法で売買することも可能です(※この場合は、バックテスト結果と乖離が生じますので、予めご了承ください)
Step
1
見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。

3STEP ”急騰”候補銘柄 スクリーニング法
5つのメリット

メリット.1
投資歴に関係なく”カンタン・スピーディ”に急騰候補銘柄を発見できる!
このストラテジーを使うと、株式投資歴に関係なく、誰でも”カンタン・シンプル・スピーディ”に、市場全体の銘柄から、急騰候補銘柄を発見することができます。

だから、急騰銘柄特有のチャートの動きを記憶し、それに合致する銘柄を探したり、特定の銘柄に注目して、急騰のタイミングを見極める必要はありません

必要なのは、ストラテジーを専用ソフト(iTRADE)で、ボタンを押す操作だけです。これだけで、株式投資歴やスキルに関係なく、急騰候補銘柄を発見することができます。
メリット.2
急騰候補銘柄の売買のタイミングが分かる!(そのまま運用できる)
このスクリーニング法を使うと、急騰候補銘柄が発見できるだけでなく、発見した銘柄の仕掛けと、手仕舞いの売買タイミングも分かります

実際に、このような銘柄が抽出されると同時に、仕掛けのタイミングが分かります。また、その後、専用ソフト内かメールで、手仕舞いのタイミングも分かります。

だから、このスクリーニング法を使うことで、煩わしい「売買のタイミングの悩みから開放」されるでしょう。
メリット.3
候補の銘柄数を調整可能!
このスクリーニング法は、急騰候補の「銘柄数」を調整することができます。あなたにお渡しする際のスクリーニング法は「そのまま運用」する場合を想定して開発されています。

長期的に見て、リターンとリスクのバランスが良くなるように、調整されています。ただし、バランスを良くしている分、ひと月あたりに発見できる急騰候補銘柄は「おおよそ3銘柄」です。

もし、積極的にリスクを取ることが許容できるのであれば、ストラテジーの条件を緩めることで、抽出される銘柄数を増やすことが可能です。
メリット.4
不安なときは売買しないでOK
当然のことかもしれませんが、抽出された急騰候補銘柄の売買が不安なときは、売買しないでOKです。このスクリーニング法は、裁量トレードの組み合わせも前提として開発されています。

ご自身の裁量を入れると、バックテスト結果とは乖離してしまいますが、あくまでも「急騰候補銘柄のスクリーニング」として、このストラテジーを活用することができます。

ですので、スクリーニング機能として考えれば、ご自身の判断で、適宜売買をしたり、しなかったりするのも活用方法の一つでしょう。
メリット.5
裁量トレードやファンダメンタルズ分析と組み合わせて売買可能!
このスクリーニング法は、これをスクリーニングとして使い、条件をできるだけ緩めて、そこから出てきた銘柄を、裁量を入れたり、独自のテクニカル分析やファンダメンタルズ分析と組み合わせてたりすることも想定して開発しています。(もちろん、そのまま売買することも想定していますので、ご安心ください)

こういったストラテジーは、通常、他の方法と組み合わせることを推奨しませんが、このスクリーニング法は、あなたのノウハウを組み合わせて、独自のメソッドを生み出すことも想定しています。

その場合は、もちろんバックテスト結果とは乖離しますが、急騰銘柄で利益を上げる確率を上げるには、そのような組み合わせも、とても効果的でしょう。
メリット
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。

それでは、このスクリーニング法の価格は
いったいどれくらいなのでしょうか?

それでは、この”急騰”候補銘柄ストラテジーに、あなたが感じる価値は、どれくらいでしょうか?このストラテジーで得られる経済的なインパクトは、いくらでしょうか?

このストラテジーは、10年以上研究を続けている開発チームのメンバーが、知恵や時間だけでなく、金銭的にも検証ソフトの開発に1000万円以上投資しています。

そして、そのノウハウは、今は証券会社へ情報提供するなど、とても価値の高いものになっています。

そのような開発チームのノウハウを詰め込んだストラテジーを手に入れることは、今後のあなたの個人投資家人生に、どれほどの安心感があるでしょうか?

ちなみに、このようなストラテジーを販売しているサイトでは、単体のストラテジーは4~8万円、もしくは10万円以上で販売されています。これが複数のストラテジーとなると、約20万円など、高額で販売されています。

教えてください…あなたが一番ラクな気持ちになるのは、どのカテゴリーですか?

ですが、この”急騰”候補銘柄ストラテジーを、私たちが開発した目的は、岸田政権誕生以降、株式市場がとても中途半端で、個人投資家が利益を狙うのが難しい状況に陥っているので、その状態を打破するノウハウをあなたと共有し、一緒に発展させていくことが目的です。

そこで、この「”急騰”候補銘柄 ストラテジー」を実質”無料”でお譲りすることにしました。

なぜ…実質”無料”で提供するのか?

それは、スクリーニング法を実際に使用するのに必要な専用ソフト「iTRADE(アイトレード)」を3ヶ月間ご契約いただくための”限定特典”だからです。

この急騰候補銘柄スクリーニング法は、1ヶ月間だけの使用ですと、相場の状況によっては、思うように銘柄が出てこない場合もあります。

しかし、3ヶ月間見ていただければ、実際に急騰候補の銘柄が出てきて、場合によっては、専用ソフトの使用料を、すぐにペイする可能性があるでしょう。

上手くいけば、使用料のペイだけでなく、利益も狙えるかもしれません。


つまり、こういうことです。

今日あなたが、専用ソフト「iTRADE(アイトレード)」の使用料「月額15,000円(税込16,500円)×3ヶ月分」をお支払いいただければ、「急騰候補銘柄 スクリーニング法」を実質無料でお譲りします。

このスクリーニング法の良さを実感いただき、4ヶ月目以降も使用をご希望の場合は、専用ソフトの月額使用料だけをお支払いいただければ継続して使用できます。別途、スクリーニング法の使用料は発生しません。

反対に、万が一ご満足いただけなかった場合は、3ヶ月以内にご解約いただければ、4ヶ月目以降の代金は一切かかりません。

ですが、、、

バックテスト結果をもとに計算すると、1ヶ月平均「約3銘柄」をトレードすることができます。

つまり、5~6営業日で20%…30%…60%上昇するような急騰候補の銘柄を「1銘柄あたり5,000円」で手に入れることも可能でしょう。

私たちが調べる限り、急騰する銘柄の情報を配信するサービスは「1銘柄あたり10,000円~」が多いです。

それと比べると「半額」とも言えるので、専用ソフトの使用料は、とてもオトクでしょう。

なぜ、こんないい条件を提案できるか?

それは自信があるからです。

運営会社のシナジスタは証券会社の「副助言者」として、アナリストの情報源として活動中です。

単なるプロは、言葉は悪いですが…その辺りにいるでしょう。しかし、私たちのような「プロに教えるプロ」は、なかなか存在しないでしょう。

ですので、その私たちが開発したストラテジーを、あなたにご活用いただければ、この岸田政権で相場がパッとしない中でも、上手く”急騰銘柄”をつかんで、短期的に大きな利益を狙っていけるのではないか、と思っているからです。

そして、あなたが他の個人投資家が知らない秘密の情報源として、このストラテジーを活用することで、よりスピーディに利益を積み上げることを狙い、当初予定していた利益に近づく原動力になれる自信があるからです。

残念なお知らせがあります…

でも、あなたは…この「3STEP”急騰”候補銘柄スクリーニング法」を、手に入れることができないかもしれません。

なぜなら、あまりに多くの個人投資家に、このスクリーニング法を配布してしまうと、同じタイミングで売買する人が増えてしまい、マーケットインパクトを起こしてしまう可能性があるからです。

そこで、この「3STEP”急騰”候補銘柄スクリーニング法」は【先着5名】だけに、お譲りしたいと思います。

できるだけ、多くの個人投資家の皆さんにお譲りしたいのですが、成績や市場への影響を担保するために、ギリギリの20名に限定させていただきます。


今後、マーケットインパクトの状況を見ながら、追加募集することもあるかもしれませんが、あくまでも状況を見ながらですので、追加募集を確実にお約束することはできません。

ですので、このチャンスを逃すと、手に入れられない可能性もありますので、今すぐ手に入れてください。

また、この「3STEP”急騰”候補銘柄スクリーニング法」は、約2,500名の個人投資家にご案内しています。

それを考慮すると、お申込みが殺到し、あっという間に販売中止になってしまうかもしれません。ですので、今すぐお申し込みください。
月間先着5名
このページを見た今だけ限定:
優先的に先行公開
PS.

これまで、急騰を狙って見ていた銘柄にも関わらず、「あとから急騰を知って後悔した…」ということはありませんか?


もしくは、「あと数日待てば急騰していたのに…」とあとから後悔したことはありませんか?

そのような後悔をしたことがあるあなたに、ぜひ実質”無料”でお譲りしたいのが、この「3STEP”急騰”候補銘柄スクリーニング法」です。

手に入れられるのは【先着5名】のみ。先延ばしにすると、このチャンスを逃すことになるでしょう。そうならないように、ご注意ください。心変わりしないうちに、他の誰かに奪われるまえに、今すぐお申し込みください。


実際の公開ページでは回答部分が閉じた状態で表示されます。

よくいただくご質問(Q&A)

  • Q:なぜ、「3STEP”急騰”候補銘柄スクリーニング法」が実質無料なのですか?

    正直に申し上げると、「3STEP”急騰”候補銘柄スクリーニング法」を実際に使用するのに必要な専用ソフト「iTRADE(アイトレード)」を3ヶ月間ご契約いただくためのワイロです。

    今日あなたが、専用ソフト「iTRADE(アイトレード)」の使用料「月額15,000円(税込16,500円)×3ヶ月分」をお支払いいただければ、「急騰候補銘柄・発見ストラテジー」を実質無料でお譲りします。

    この「3STEP”急騰”候補銘柄スクリーニング法」は、1ヶ月間だけの使用ですと、相場状況によっては、思うように銘柄が出てこない場合もあります。

    しかし、3ヶ月間見ていただければ、実際に急騰候補の銘柄が出てきて、場合によっては、専用ソフトの使用料を、すぐにペイしてしまう可能性があります。

    上手くいけば、使用料のペイだけでなく、利益も狙えるかもしれません。

    そうすることで、株式投資があなたにとってより良いものになるのではないかと考えています。

    ぜひ、そういったきっかけにしていただけることを願って、この「3STEP”急騰”候補銘柄スクリーニング法」を実質無料でお譲りします。
  • Q:4ヶ月以降も専用ソフトを使用しないといけないのですか?

    はい、もし、この「3STEP”急騰”候補銘柄スクリーニング法」の運用を4ヶ月目以降も継続したい場合は、専用ソフトの使用料「月額15,000円(税込み16,500円)」を頂戴します。

    こちらの専用ソフトの使用を停止してしまうと、自動的にこのスクリーニング法の使用もできなくなってしまいますので、ご注意くださいませ。

    なお、今回のご契約期間は3ヶ月間を想定していますが、万が一、このスクリーニング法などにご満足いただけなかった場合は、4ヶ月目以降はご解約いただけます。

    私たちとしては、引き続きご利用いただき、ぜひ急騰候補銘柄をお受取りいただきたいですが、そのような場合は、ご解約を承りますので、ご安心してお申し込みくださいませ。
  • ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

    ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。